中途採用吉岡経営センター | インタビュー「野田一雄」

Interview04

野田一雄Kazuo Noda

税理士
税理士法人日本会計グループ
日本会計コンサルティング(株)
2018年中途入社

会計・税務のサービスを提供できることにやりがいを感じます。

●「吉岡マネジメントグループで働いていて良かったな」と思うところは?

グループ内に会計事務所向けの教育・研修を行う会社があるので、私のような未経験者でも、業務に必要な知識を効率的に身に付けることができたことです。また、医療機関のお客様が多いので、医業に関する専門的な税務・会計スキルが身に付きました。将来のキャリアを考える上ではとても有利だと感じています。

●もともとは企業で経理の仕事をしていたそうですね。はじめての会計事務所、業務にすんなり取り組むことができましたか?

正直に言って、入社前は不安がありました。ただ、吉岡経営センターには「学ぶための環境」が充実しており、会計事務所の業務を体系的に学習することができます。WEBセミナーなどを通じて業務に必要なスキルを身に付けることができたので、未経験でしたがスムーズに実務に入ることができました。

●「経理」の仕事と違うところは?

事業会社の経理では、自分の勤務する会社1社のみの経理業務を行いますが、会計事務所では担当する多くのお客様の会計・税務業務を行います。これが一番の違いでしょうか。これまで経理マンとして培ってきた自身のスキルや経験を活かして、数多くの会社に会計・税務のサービスを提供できることにやりがいを感じています。

●今後、どのような仕事にチャレンジしてみたいですか?

まずは、私が担当しているクライアントから信頼される税理士となれるよう、自己研鑽に努めます。その上で、多くのクライアントにとって課題である相続や事業承継の分野にも挑戦したいと考えています。