中途採用吉岡経営センター | インタビュー「寒川広美」

Interview03

寒川広美Hiromi Samukawa

税理士
税理士法人日本会計グループ
日本会計コンサルティング(株) 専務取締役/千葉支社支社長
2007年中途入社

常に新しい仕事にチャレンジできる環境であること。

●「吉岡マネジメントグループで働いていて良かったな」と思うところは?

税理士資格の取得をきちんとバックアップしてくれたことです。私の場合は、金曜日の夕方から大学院の授業があったのですが、業務をきちんと調整すれば、早く帰宅して通学することができました。
また、経験が浅い頃から医療法人化や相続税申告の補助を任せてくださったので、積極的に高度な業務にチャレンジすることができました。さらに、いわゆる巡回業務以外の仕事がきちんと評価される人事制度があるため、仕事への充実感を感じることができます。

●過去に働いていた事務所と比べて良いところは?反対に、これは「大変」というところも教えてください。

常に新しい仕事にチャレンジできる環境であること。これが一番の魅力だと思います。ただ、チャレンジするに当たって不足している知識は、自己研鑽で埋めなければなりません。もちろん、学習機会や学習するためのツールは整備されているのですが、自らが向上心を持って取り組む必要がある。社会人としては当たり前のことですが、ここが大変なところですね。

●今後、どのような仕事にチャレンジしてみたいですか?

私が担当しているお客様の中に、中国とベトナムに子会社を持つ法人があります。いま、その海外子会社同士の合併を検討しているので、大学院で学んだ国際税務の知識を使い、これをサポートしていきたいと考えています。また、インドネシアやベトナムから従業員を採用しているお客様がいらっしゃるので、外国人労働者に関わる税務問題にも取り組んで行きたいと考えています。