吉岡経営センターの教育の仕組み

Education

教育の仕組み

吉岡経営センターには、40年以上の歴史の中で培われた、優秀なコンサルタントを育成する仕組みがあります。

1、充実した新入社員研修 ~ 1年間の流れ ~

  1. 入社前研修
    内定後(例年7月)~入社

    初めて社会に出る内定者の皆さんは、きっと大きな不安を抱えていると思います。そんな内定者の皆さんの不安を取り除き、いち早く会社に馴染んでいただくため、希望者に対して入社前研修を実施しています。(アルバイト待遇)

    ●主な研修内容
    • ビジネスマナー研修
    • 電話応対
    • 接遇研修

    • 財務諸表論
    • 簿記
    • 実務(会計ソフト入力)
  2. 新入社員研修
    入社~3ヵ月まで

    入社後は、本格的に税法の研修がスタート。
    簿記の復習や実務(会計ソフト入力)の研修も引き続き行います。

    ●主な研修内容
    • 税法(法人税法、消費税法)

    • 簿記(復習)
    • 実務(会計ソフト入力)
  3. 簿記・税務の基礎研修
    3ヵ月~9ヵ月

    簿記や税務の基礎研修に加え、実務では会計ソフト入力、決算補助を行います。
    また、先輩社員との同行訪問が始まるため、試算表の説明や医科・歯科の業種特性を研修します。

    ●主な研修内容
    • 税法(法人税法、消費税法)
    • 労務、財務(決算診断、利益計画、資金繰り表)
    • 実務(会計ソフト入力、決算補助)
  4. 入社9ヵ月~1年

    所得税法、年末調整の仕組みの研修が始まります。
    実務では、引き続き同行訪問、決算補助を行い、年末調整の作業、確定申告業務が追加されます。

    ●主な研修内容
    • 税法(所得税法、年末調整の仕組み)

2、人材育成を支える仕組み

自社開発のeラーニング・システム

当社の人材育成には、グループ内で独自開発し、全国1,000以上の会計事務所で利用されているeラーニング・システム「e-JINZAI」をフル活用。独自の研修カリキュラムで構成された動画研修に加え、業界初の実践型トレーニングシステムを通じて、第一線の実務を効率的にマスターできます。

自社開発のeラーニング・システム

コンサルタントを育成する取り組み

税務・会計、相続・事業承継、医療、福祉、公会計など、当グループが手がけるビジネスフィールドは多岐に渡ります。本人の希望を最大限に考慮しつつ、上司と共に適性を見極めながら、キャリアプランを決定していきます。また、必要に応じて外部セミナーなどにも参加していただきます。

コンサルタントを育成する取り組み